• 2017.11.24

男性用の美容グッズは女性用と何が違うの?

疑問を持つ男性

美容のために、クリームや乳液を用いる際には、自分の肌の乾燥具合により使い分けをすると良いでしょう。
乳液というのは、肌に対し油分と水分を適度に補充することができます。
クリームも、油分の作用により、肌の水分が蒸発してしまうことを防ぐことができます。
ただし、どちらも多量に塗布してしまうと、過剰に油分が供給されてしまうので、美容という点からみると逆効果になります。
元来、美容液の油分もしくは、顔の皮脂というのは、自然発生的なクリームという位置づけなので、加えてクリームや乳液を使用する必要はないのです。
ただし、油分が足りていない肌状態であるのなら、水分に加えて油分も補給してあげなければならないのです。
こうした点から、自分の肌に適しているクリームと乳液を選定することが、美容に良い作用をもたらすことになります。
そして、美容液のような、スキンケアも大切ですが、日焼け止めといった事前対策も、美容には欠かせません。
日焼け止めの利用者の間で、よく見受けられるのが、付け過ぎてしまったり、少なすぎるという事です。
一般的には、500円硬貨程度の大きさが、適量と言われています。
手に取った日焼け止めを、額をはじめ鼻や頬、顎に塗布していきます。
ポイントは、内側から外側にかけて馴染ませていくことです。
注意しなければならないのが、塗布する量が少なすぎることです。
当然、用いる量が少なければ、本来の効果が得られることはありません。
必ず500円の大きさを意識して、使用しましょう。
斑になってしまうなど、一度で行うのが困難であれば、二度に分けても、美容に悪影響が及ぶことはありません。
さらに、汗や摩擦により落ちるので、必ず塗り直しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る